物件購入の流れ STEPS

 

        物件を購入するまでの主な流れ(不動産仲介業)

      Buying Properties Procedures

     購屋流程

 

1. 資金計画 

不動産物件を購入するに当たり、まずいくらくらいの物件が購入できるか把握する必要があります。購入に必要な金額は物件価格以外に不動産仲介手数料、登記手数料、保険料、税金、ローン諸費用等の購入諸費用が必要となります。購入諸費用は売買金額の6~8%程度が一般です。

 

 

 

2. 物件のご紹介

株式会社 共栄(以下共栄社)の営業担当がご希望にそう条件の物件をご紹介いたします。物件情報以外にご希望地域の生活環境やその他あらゆる情報もご提供いたします。弊社紹介物件はインターネットや携帯電話等からお客様ご自身で物件を検索することもできます。

3. 物件見学

気になる物件があればぜひ物件見学をしてみましょう。実際に現地に足を運び、物件所在地域の生活環境、周辺施設情報、交通機関情報等をより深く把握します。現地まで営業担当がご案内いたしますので、必要あればご連絡ください。台湾語、中国語、英語での対応も可能です。

4. 購入の申し込み

ご購入希望の物件があれば物件購入申し込みの手続きに入ります。ご希望物件の不動産購入申込書を記入し、署名・捺印します。ご希望の購入条件で弊社営業担当が売主様と交渉及び調整をいたします。また契約に必要な書類の作成も弊社で行います。

5. 売買契約ご締結

買主様が提示した希望に売主様が同意すれば売買契約の締結を行います。契約の締結前にまず売主様から重要事項説明を受けます。その後、最終的な契約内容の確認をし、買売主の双方が署名・捺印し、買主様が手付金の支払いを済まし、売買契約が成立します。

6. 住宅ローンのお申込み

住宅ローンは買主様の資格条件や購入する物件によって色々なタイプがございます。弊社ではお客様にあった住宅ローンをお勧めいたします。日本に居住していない日本国籍をお持ちでないお客様にも利用可能な住宅ローンの組み立てのお手伝いをさせて頂きます。

 

7. 残金決済と物件の引き渡し

物件引渡の準備が出来たら、引渡日の際に残りの代金を売主に渡し、売主側から同時に物件の引渡しを受けます。引渡しが完了した後、物件の登記手続きを行います。

 

8. 税金のお支払

物件の取得後、不動産取得税の納税通知書が物件所在地の都道府県から届きます。課税標準は物件売買価格が基準では無く、固定資産税評価額を元に課税されます。物件により、税率軽減や課税標準の特例の控除額などに違いがありますので、また改めてご相談ください。 その他にも登記申請の際にかかる登録免許税、引渡日にすでに売主側が納付済みの固定資産税・都市計画税などの日割り清算を行います。本社には税金に詳しい担当がその際サポートいたします。